泊まれる図書館プロジェクト|佐賀・古湯温泉/泊まれる図書館 暁(あかつき)

佐賀の山あいにある温泉地「古湯温泉」に、泊まれる図書館「暁(あかつき)」をつくります。「温泉」と「読書」というスローな文化を融合したスローツーリズムという新しい時間の使い方が提供できればと考えています。

*

【クラウドファンディング開始!】佐賀・古湯温泉に「泊まれる図書館」をつくります!!

 

温泉地の視察から少し期間が空きましたが、ようやく候補地が決定し、このたび発表できることとなりました。

古湯温泉(佐賀県佐賀市)に「泊まれる図書館」をつくります!

古湯温泉(ふるゆおんせん)俯瞰図

>>クラウドファンディングを開始しました。「泊まれる図書館」実現のため、ぜひ力を貸してください!!

古湯温泉は、以前の視察でもお伝えした通り、日本の原風景が残る、山あいの静かな温泉地です。150万都市である福岡市内からのアクセスも良く、本の世界にひたり、本に囲まれて眠る場所として、これ以上ない立地。ここ古湯温泉に「泊まれる図書館」をつくることを宣言いたします。

泊まれる図書館をつくります

泊まれる図書館 外観

築110年の古民家を改修し、昼間はブックカフェ(図書館)として営業しつつ、夜は一泊一組限定の宿泊施設としてご利用いただける空間をつくります。

たくさんの本に囲まれながら、読みたい本を読みたいだけ読む。本好きが求めているであろう、夜通し本が読める場所。古き良き時代の日本が感じられる和の空間を「泊まれる図書館」としてご提供いたします。

一冊入魂の本だけを集めます

一冊入魂の本

「泊まれる図書館」では、当初2,000冊の蔵書を予定しています。しかし、これらの本が公共図書館のように十進分類で並んでいてはツマらない。民間が図書館をつくる以上、民間にしかできないやり方を選びたい。

そんな時、思いついたのが、本の中身(=コンテンツ)で分けるのではなく、本を読む側(=人)で分けていくやり方です。

今回は、80人にそれぞれ20冊ずつ(計1,600冊)の本を選んでもらうことにいたしました。具体的には、「九州の本好き80人に聞く、自宅の本棚にずっと残しておきたい本 BEST20」。一冊に込められた思いが深い本を集め、それらの一冊一冊にコメントを添えてもらいます。

人にフォーカスする以上、とても偏りのある本のラインナップになるでしょう。しかし、その偏りにこそ、その方の人となりが表れていて、逆に面白いのではないかと考えます。

同じ本が重複するかもしれません。しかし、同じ本でも、その本への思い入れは人それぞれで、コメントを見比べることが、楽しさにつながるような気がしています。

温泉街全体をひとつの宿に見立てる

マチごと旅館

このプロジェクトでは、温泉街全体をひとつの宿に見立てます。泊まれる図書館で提供するのは、「本」と「寝床」だけ。それ以外の「食事」や「温泉」については、既にある旅館・飲食店の施設/サービスを利用していただく、いわば「マチごと旅館」ができるようなイメージです。

今回つくる「泊まれる図書館」が街のハブとなり、往年の活気が失われつつある「古湯温泉」の地域活性化の一翼を担えたらという願いを持っています。

先の4月1日付で旅館業法が改正され、条件が緩和されたことで、この古民家を宿泊施設として許可が降りる土壌も揃いました。あとは実行あるのみで、今年の夏にOPENできるよう準備していますが、最も大切な「本の購入費」と「本棚の製作費」が必要です。「泊まれる図書館」実現のために、ぜひ力を貸してください。

>> クラウドファンディングを開始いたしました。「泊まれる図書館」実現のため、ぜひ応援、お願いいたします!

 

このプロジェクトが軌道に乗ったあかつきには、次なるステージとして、古湯温泉が「本好きの聖地」となるような壮大な計画に思いを馳せています。以下、ちいさな妄想と大きな夢をつづって、締めさせていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本を介して人と人とがつながり、その緩やかなつながりが、本を楽しむいろんな姿を生み、和やかな風景を紡ぐ「本好きの聖地をつくる」こと

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それは例えば、天まで届きそうな本棚。

天まで届く本棚
例えば、本でできた階段でたたずみ、好きな本を好きなように楽しむ時間。

本の階段例えば、足湯につかりながら、本好きの同志と緩やかなつながりを持ちつつ、ゆっくりと読書にふける一日。

ill_03例えば、夫婦ふたりで久しぶりに本の世界にひたる時間。

夫婦ふたりで読書例えば、マスターがコンシェルジュとなり、自分に合った本をオススメしてくれる場所。

バーテンがオススメ本を選ぶ例えば、温泉につかりながら本を読み、あれこれと本について語り合える空間。
温泉に入りながら読書これらを形にしていくことで、「泊まれる図書館」をも飛び超えた「本好きの聖地をつくること」。それが、自分が本当にやりたいことなのだと気付きました。これからの「泊まれる図書館」の動向に、どうぞ目を向けていただけると幸いです。

>> クラウドファンディングを開始いたしました。「泊まれる図書館」実現のため、ぜひ応援、お願いいたします!

 

 - OPEN準備

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

暁 斜めの外観
泊まれる図書館「暁」、OPENに向けて準備加速中

前回の投稿からずいぶん間が空いてしまいましたが、何もしていない訳ではなく、、この …

image
冷めても美味しい、読書と相性の良い珈琲を提供します

泊まれる図書館「暁」では昼の開館時間のみカフェメニューを提供いたします。その中で …

泊まれる図書館「暁」準備中
泊まれる図書館「暁」は8月中のOPENを予定しています

前回の投稿から時間が開いてしまい申し訳ございません。 7月下旬にOPEN予定だっ …

泊まれる図書館「暁」玄関
泊まれる図書館「暁」、9月中旬をめどにOPENいたします

泊まれる図書館「暁」のOPENについてお詫びとご報告があります。 8月中のOPE …