泊まれる図書館プロジェクト|佐賀・古湯温泉/泊まれる図書館 暁(あかつき)

佐賀の山あいにある温泉地「古湯温泉」に、泊まれる図書館「暁(あかつき)」をつくります。「温泉」と「読書」というスローな文化を融合したスローツーリズムという新しい時間の使い方が提供できればと考えています。

*

【温泉地視察】古湯温泉 [佐賀県佐賀市] に行ってきました

 

大分、熊本と温泉県を巡った一向が、次に向かったのは佐賀県佐賀市。福岡県との県境、脊振(せふり)山地の中腹にある「古湯温泉」を視察してきた。

ここ古湯温泉は、福岡市内から下道(したみち)で1時間強という好アクセス。三瀬峠を越え、山あいの道を進むと、レトロな「古湯温泉郷」のモニュメントが迎えてくれる。

古湯温泉

「古湯」という言葉からも連想できるように、温泉の歴史は2,200年前までさかのぼる。秦の始皇帝の命令で、日本に不老長寿の薬を探しに来た徐福(じょふく)が発見したとされているようだ。

古湯温泉

写真は、古湯城跡から見た温泉街の遠景。中央・右の川に突き出たエリアに13の宿が固まっており、自然にあふれ、石畳からなる温泉街が情緒を誘う。

古湯温泉

温泉街のシンボル的存在である「英龍(えいりゅう)温泉」は、地元民でいつもにぎわっている共同浴場。古くから湯治場として栄えた歴史があり、斎藤茂吉(作家)や青木繁(画家)など文化人が逗留したことでも知られている。

古湯温泉

温泉街の宿は、比較的小規模な旅館が軒を連ねている。宿泊客はリピーターも多く、それぞれ好みの定宿を持っているのだとか。「ぬる湯」の愛称で呼ばれる温泉は、38℃〜40℃と長湯をするには持ってこい。少し入っただけで肌がスベスベするのが体感でき、「美人の湯」としても知られている。

古湯温泉

バス停に足湯があったりして、景観整備も進みつつある「古湯温泉」。福岡市内から気軽に行ける隠れた温泉地として、今後、目を離せない存在になりそうである。

 - 視察

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

山鹿温泉(熊本県・山鹿)
【温泉地視察】山鹿温泉 [熊本県山鹿市] に行ってきました

前回紹介した「平山温泉」から車で10分ほどの距離にある「山鹿温泉(やまがおんせん …

天ヶ瀬温泉(大分県日田市)
【温泉地視察】天ヶ瀬(あまがせ)温泉 [大分県日田市] に行ってきました

前回の投稿で、「温泉地 × 泊まれる図書館」の可能性を見い出した、我々、泊まれる …

平山温泉(熊本県山鹿市)
【温泉地視察】平山温泉 [熊本県山鹿市] に行ってきました

大分県日田市にある2つの温泉(天ヶ瀬温泉、日田温泉)を視察した、我々、泊まれる図 …

日田温泉
【温泉地視察】日田温泉 [大分県日田市] に行ってきました

前回紹介した「天ヶ瀬温泉」から車で20分ほどの距離にある「日田(ひた)温泉」が今 …